FC2ブログ
2010.10.07 Thu
ダンデリオンの依頼クエストで3Fまでは登ったことがありましたが、転生キャラを持っていなかったころからいつか登って見たいと思っていました
R後、とんでも効率狩場となったとかでこりゃもう縁はないな~w とあきらめていたのですが何の間違いかG狩りでついていけることに

BSWSメカニックスレで、メカニック視点での話は多少聞いていたけど、いざ行くとなると装備すら何をつけて良いのか分からない=ヮ=;;;;
とりあえずお仕事はグリードでドロップを余さずかっさらうこととWPで火力アップ、あとはベースのブラギ上に湧いた敵のタゲ取りらしい
トルネードのSCをCR(必中)に変更して自分用の青Pを追加、ハエは誤爆防止用にクリック専用SCへ・・
あとは積み込むものを聞いたけどあまり言われなかったのでアイス300赤黄青ジェム各50カボチャパイ100修理用鉱石あたりを積み込んでれっつごー!

1009_084.jpg

楓ではタナトス入った記憶がほとんどなかったけど、入場料まけてもらえたので来たことはあるらしいw
うーんアリス狩り・・・?





下層は見たことあるMAPです
クエストのときは2F突破も必死だったよねーヾ(o・ω・)ノナツカシイ

1009_087.jpg



途中は各自WPまで飛んで、ついに上層への中階段へ!

1009_088.jpg

「ここどこw」と発言する→初めて来たのがすぐばれるw
目指すは9Fか10Fということで、途中の階から徒歩移動、「着いてこれない奴から死ぬよ・・!」という言葉にガクガクブルブルΣ(△||)



1009_089.jpg

おお・・ゲフェニア04でおなじみの皆さんだ・・・=ヮ=
ちょっと数多いけど、ソロじゃないしゲフェニアのMHよりは少ないしなんとかなるのかな・・・






ええ、そう思っていられたのも8Fまででした・・!

1009_090.jpg

1009_091.jpg

1009_092.jpg


Σヾ(o○ω○)ノ ←硬直

SSは10Fです
9Fとか移動もしながらだったのでSS撮ることすら思いつかず。
10Fで場所固定になって、しばらくしてようやく数枚撮ることができたという・・・



なんというか前にサマスペDの3層、そうあのポリン部屋の中身をイメージ化してみたという記事かきましたけどあれが延々つづく感じです
行ったことある方はゲフェニア04の超MH、
見たら速攻でハエという状況のMHを想像していただければよいかと・・・





言われていたお仕事ですが

①グリードでアイテムを拾いましょう
エフェクトがすごすぎて床がそもそも見えません!ww
最初は何もなくてもベース内でグリード
釣りの人が次にいった隙に壁沿いをグリード
そしてこっそり青く光る私w
拾いきれないのを他の人が拾ってくれたりするのをみてしょぼん;w;

②WPを掛ける
これは画面内の全体支援になるので、釣りの人が戻る途中で足を止められると大変という話を聞いていたので壁際に止まったところを狙ってチャキーン(・▽・)ノ
しかし他の人も戻ってくるのを見逃して足を止めてしまうこと数回orz
火力が上がったのかどうかはいまいちわからなかったー
ギロチンのみでCR狩りとかしていたころは、戦闘終了→即WP等入れなおしという癖があったんですが、最近は切れる寸前まで我慢できるようになっていたのでまだよかったかも

③ベース上に湧いた敵のタゲ取り
・・・常に湧いているんですけどwwww
CRや素殴りを混ぜつつはがせるまで殴り続けましたがタゲとれたらベース外へひっぱったほうが拳の人もやりやすいのかな?
今度聞いてみたいと思います





そして終わったあとで気付いたこと

9・10Fはテレポート禁止・・・!Σヾ(o○ω○)ノナ、ナンダッテー!
インティミしてくる監視するものを思いっきり殴っていました
これ、連れ去られた場合どうなるの・・・?(・▽・;
速度Pあたりを積んでおいて強行突破?ミニマップも表示されないしそれでも戻れるか不安・・・。



あとタゲとって殲滅職に渡すなら幸運剣もありかな?
ベースはサンクあるから自分の回復のためにWスイーツでいったけど他アクセ+白Pでもよさそう
あとハイドしてるのがいたのでサイトアクセ、毒が地味にめんどくさかったのでデュラハンアイとか・・
む、そういえばニブルのカードコンプした割りにデュラハンアイはまだでてないですね
狙うか・・!=ヮ=☆



清算は大量の鎧と宝石類、報酬アイテムがでて1h分で1.5Mほど
報酬アイテムだけ残せばいいとのことだったので次回ルビーとか買い取らせてほしいなw
ルビーが異様に多かった気がする・w・ 多分100個以上?



まぁなかなか行く機会はないと思いますけど、次回に生かせられたらいいな~


スポンサーサイト



Template by まるぼろらいと